トップ / 自動車を安全に運転する為

自動車を安全に運転する為

自動車免許取得で必要

クレジット

普通自動車免許取得の条件

普通自動車免許を取得する為にはいくつかの条件があります。満18歳以上であることが一般的な条件となります。また、眼鏡やコンタクトレンズの使用可で、両眼で0.7以上、片眼で0.3以上、視野150°であること、信号表示である「赤」「青」「黄」の識別ができること、補聴器の使用可で日常生活での会話が聴取できること、通常の読み書きが可能であり、その内容が理解できること、普通自動車を安全に運転する為に必要な認知、ハンドルやアクセル等の装置を随意に操作可能であること、運転に支障をきたすような身体障害がないことが挙げられます。

運転免許の概要を学ぶ

運転免許には普通・中型・大型・大型特殊等がありますが、普通自動車は18歳で取得可能となっていて高校卒業直後から公道を走れるようになります。教習所に通って取得する場合は25万円前後の教習料金を払って学科・技能の教習を行い、学科試験・場内と路上での技能試験をクリアした後に各都道府県の免許センターで最終学科試験を受けて合格すると晴れて公道デビューとなります。一発試験と呼ばれる技能試験も同じ会場で受ける事は出来ますが、厳しい採点基準がある事で合格率は低くなっていますので自動車教習所に通うのが一般的です。

↑PAGE TOP